健康食品・健康と病気/アウトドア/ダイエット関連などの面白雑貨の通販サイト

免疫力を高めよう!

  • HOME »
  • 免疫力を高めよう!

そもそも免疫って何でしょうか?

免疫とは、簡単に言うと、病気の原因となるウィルス・細菌やカビなどから体を守るもの。

免疫は、大きく分けて『自然免疫』と『獲得免疫』の2つに分類されます。
 『自然免疫』の働きは、体内に侵入した病原体を相手を特定せずに排除するシステムで、『獲得免疫』の働きは、 一度自分の体内に侵入した病原体などを覚えていて、それを攻撃するもの。

私たちの体は、その病原体がもう一度体内に入ってきた時には、その病原体を排除する仕組みを獲得しています。

【自然免疫】

・マクロファージは白血球の1種。生体内をアメーバ様運動する遊走性の食細胞で、死んだ細胞やその破片、体内に生じた変性物質や侵入した細菌などの異物を捕食して消化し、清掃屋の役割を果たす。とくに、外傷や炎症の際に活発である

・ナチュラルキラー細胞(ナチュラルキラーさいぼう、NK細胞)は、自然免疫の主要因子として働く細胞傷害性リンパ球の1種であり、特に腫瘍細胞やウイルス感染細胞の拒絶に重要である。細胞を殺すのにT細胞とは異なり事前に感作させておく必要がないという 。

・樹状細胞(じゅじょうさいぼう、英: Dendritic cell)は、抗原提示細胞として機能する免疫細胞の一種であり、哺乳類の免疫系の一部を担っている。 皮膚組織をはじめ … 抗原を取り込むと樹状細胞は活性化され、リンパ節や脾臓などの二次リンパ器官に移動する。

【獲得免疫】

・キラーT細胞
 細胞傷害性T細胞(さいぼうしょうがいせいTさいぼう、cytotoxic T lymphocyte; TcまたはCTL)とは、リンパ球T細胞のうちの一種で、宿主にとって異物になる細胞(移植細胞、ウイルス感染細胞、癌細胞など)を認識して破壊する。殺し屋ということで、以前はキラーT細胞とも呼ばれたが、最近はCTLと呼ばれることが多い

・Th1細胞
 T細胞からの分化が誘導される。T細胞をはじめとした免疫系の細胞はサイトカイン産生能を有しているがTh1細胞により産生されるインターフェロン-γ(IFN-γ)をはじめとしたサイトカインは特にTh1サイトカインと呼ばれ、マクロファージや細胞障害性T細胞(CTL)などの細胞を活性化してウイルスや細胞内抗原の除去、自己免疫疾患の発症、抗腫瘍免疫を担う細胞性免疫などに関与していることが知られている

これらの免疫がしっかりと働きくことで、免疫力がUPしています。

しかし、

免疫力は15歳頃をピークに年齢とともに低下し,50代ではおよそ半分ほどに落ち込むと知られていますが、現代では生活環境の変化によって年齢を問わず低下しているといわれています。

体の中では1日に数百から数千のガン細胞ができていると言われ、それでもガンが発生しないのは自然免疫がガン細胞をやっつけているからです。

最近の研究により、自然免疫(NK細胞)の活性が高い人ほどガンになりにくいことが明らかになっています。また、ガンを患った場合のガン細胞の増殖、転移、抵抗力の低下にも自然免疫が大きな役割を果たしていると言われています。

免疫力を高めるには?・・・・・

病気にならない体を作る!免疫力を高める方法まとめ

適度な睡眠をとる
たとえ眠れなくても、目を閉じて体を横にして休めているだけで、免疫力は高まると言われています。免疫力を高めてくれるのです。健康維持のためにも出来るだけたくさんの睡眠をとりましょう。

継続的な運動を心がける
免疫力を高めるには、適度な運動がとても効果的です。なぜなら、体内にウイルスが侵入してきたときに体を守る白血球=免疫細胞が、運動することによってより活発に働くようになるからです。

とにかく笑う
笑うことも免疫力とつながっています。笑うことで自律神経(交感神経と副交感神経)を刺激し、血圧を下げ、心拍、呼吸を整えるとされてい
病気にならない体を作る!免疫力を高める方法まとめ

ストレスをためない
ストレスは免疫の乱れの大敵です。私たちがストレス状態になると、そのストレスを緩和しようと防衛反応として脳下垂体からアドレナリンなどのホルモンが分泌されます。

体温を上げる
体温は免疫力を大きく左右します。昔から「冷えは万病のもと」といって、体が冷えるのは悪いことを言われてきました。

バランスの良い食事を心がける

免疫力を大きく左右するのが食事であり、バランスよく栄養をとることがその基本です。私たちが日常食べている食品の中にも白血球を元気にするチカラをもつものが沢山あります。

喫煙をひかえる
タバコ喫煙により、タバコ煙は直接肺に吸入されるため、肺に存在する免疫細胞や肺組織に影響があります。特に肺の免疫系で中心的な役割を担っている肺胞マクロファージの免疫力が低下します。

適度の飲酒を心がける
アルコールやその代謝産物は、免疫毒とさえいわれています。常習飲酒家は発がん率が高いこと、呼吸器系感染率が高いことが最近分かって来ました。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 悠々自適なきままな健康ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.